ピコフラクショナルとは?

肝斑

従来の光治療やレーザー照射が表面的に肌質を改善していたことに対して、ピコフラクショナルは肌質そのものの再生を促す治療法です。ピコウェイという先進的なレーザーを点状に照射して刺激を与えることで皮膚内の深部にコラーゲンを増やし肌の再生を促します。しつこいニキビ跡や毛穴トラブルにも効果的で、肌の若返りが期待できます。

このような症状に効果的

  • ●毛穴
  • ●ニキビ跡(凸凹の小さなクレーター)
  • ●小じわ
  • ●そばかすなどの色素沈着
  • ●傷跡

 

注意事項について

所要時間 初診の場合は説明などを含めて1時間程度です。実際の治療は範囲にもよりますが10分〜15分程度です。
ダウンタイム 初診の場合は説明などを含めて1時間程度です。実際の治療は範囲にもよりますが10分〜15分程度です。
治療の痛み 表面麻酔をお勧めしてます。
それでもヒリヒリ感や熱感を感じることがありますが、施術後にしっかりクーリングすることで熱感・発赤を緩和させることが可能です。
洗顔・メイク 当日から可能です。ただし、施術後の皮膚は刺激に敏感になっていますので、マッサージやピーリング、スクラブ洗顔などによる刺激はしないでください。刺激を感じる化粧品も避けることをお勧めします。
シャワー・入浴 入浴は避けていただき、シャワーは当日から可能です。お肌をこすらないようにご注意ください。

治療の流れ

1,カウンセリング
まずはカウンセリングでお肌の状態を確認します

 

2,準備
クレンジングと洗顔でメイクや油分を落とします

 

3,照射
クレンジングと洗顔でメイクや油分を落とします

よくある質問

Q:治療回数はどれくらいですか?
A:実際の症状や満足度によって異なりますが、1か月に1回でだいたい4~6か月が目安です。早ければ1~2か月、ニキビ跡の中でもある程度のクレーター症状の場合は、1年ほど通院が必要な場合があります。

 

Q:ピコトーニングやピコスポットとの違いは?
A:レーザーの出力の大きさに違いがあります。ピコトーニングは、低出力のレーザーを顔全体に照射することで、シミやくすみ、肝斑、肌質改善などの効果が期待できます。それとは反対に、ピコスポットは高出力のレーザーを気になるシミやそばかすにピンポイントで照射して除去する治療です。ピコスポットでは1~3回程度で効果を感じやすくなりますが、ピコトーニングやピコフラクショナルでは、ピコスポットと比べて効果を実感するまでに時間がかかることがあります。

 

Q:ニキビ跡や毛穴だけでなく、一緒にシミ取りも可能ですか?
A:もちろん可能です。当院にはピコウェイという万能なレーザー照射機を導入しており、症状に合わせて、3種類のモード(スポット、トーニング、フラクショナル)から最適なものを選んだり、組み合わせたりします。

料金表

PicoWay 1回 5回コース
ピコトーニング(色調改善・ハリ・ツヤ) 初回 11,000円
2回目以降 15,400円
キャンペーン中
>>料金はこちら
初回 19,800円
2回目以降 27,500円
110,000円
5,500円
9,900円
初回 19,800円
2回目以降 27,500円
110,000円
ピコタトゥー除去 1cm×1cmあたり 11,000円
【セットメニュー】 1回 5回コース
ピコトーニング+ピコフラクショナルセット 37,400円 149,600円
*ピコフラクショナル、タトゥー除去の施術の場合は、表面麻酔(1回2,200円)を推奨しております。

 

*ピコスポットの範囲は、1ヵ所 1cm×1cm以内になります。