PFC-FD療法ってどんなもの?

ご自身の細胞から抽出した「成長因子」を活用する新しい治療法です。

人が生まれながらに持っている、自然治癒力を利用した再生医療。
新しい選択肢として注目されており、スポーツ選手が導入していたり、大学病院で多くのひざ関節治療に用いられているのが《PRP療法》です。血液の細胞成分から血小板を多く含んだ成分だけを取り出したPRP(多血小板血漿)を傷ついた箇所に注入します。血小板に含まれる「成長因子」のはたらきを利用して、細胞の成長や増殖を促します。

「PFC-FD療法」は、厳格な管理がなされた施設で加工された「成長因子」を使う治療です。患者様ご自身の血液からつくられたPRPを特殊な技術でさらに濃縮されて血小板を活性化し、より多くの「成長因子」を取り出します。

この「成長因子」を関節内に注射することで、痛みを和らげたり、損傷部位の機能改善を目指します。

《成長因子とは》

特定の細胞の成長や増殖を促すたんぱく質の総称。
「PFC-FD療法」では、抗炎症作用、自己修復に必要な細胞増殖を促進といった成長因子のはたらきを活用します。

 

PFC-FD療法の特徴

多量の成長因子で自己修復機能を促進

血小板に含まれる「成長因子」のはたらきによって、患部の自己修復機能が促進されると考えられています。
「PFC-FD療法」では独自技術により、同量の血液から作製する通常のPRPよりも、多くの成長因子を注入することが可能です。

自己血液を使用するオーダーメイド治療なので安全安心

患者さんご自身の血液をもとにした「成長因子」を使用するオーダーメイドの治療なので、アレルギー反応等のリスクも少ないです。
厳格な管理がなされた清浄度の高い再生医療センターで、成長因子を抽出しています。

手術をしない、関節内注射による日帰り治療

ご自身の血液から抽出した「成長因子」をひじ・ひざの関節内に注射器を使って注入する治療なので、手術の必要はありません。
※治療の効果には個人差があります。